生命保険会社5社、3万人分の個人情報を漏洩

生保5社、3万人分の個人情報を漏洩

明 治安田生命保険は1日、税金の滞納で国や地方公共団体が差し押さえた保険契約の解約の手続きなどの際に、2万4134人分の個人情報の漏洩があったと発表 した。日本生命、第一生命、三井生命、朝日生命も同様の漏洩を発表し、2005年以降、5社で計約3万2000人分の情報漏洩があった。

 日本生命は1672人分(推計)、第一生命は1045人分、三井生命保険は4121人分、朝日生命保険329人分。

 手続きの際に、契約者の電話番号や生年月日、口座情報など提供する必要のない個人情報を記載した書類を国などに提出していた。情報が不正に利用された例は確認されていないという。

 住友生命保険が8月に約3万人の顧客情報の漏洩を発表したため、生保各社は同様の事例がないか調査していた。

日本経済新聞より引用

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC0100M_R01C13A1EE8000/

 

tomod こういうニュースを見ると、

私たちの個人情報が守られているのか心配になるね。

nekoc そうだね。

健康状態なんかのデリケートな情報もあるんだから、

生命保険会社にはもっとしっかりして欲しいねえ。

名前を見ると大手の生保会社ばかり。

ネームバリューに左右されちゃだめという、いい教訓になるね。

安心の生命保険を選ぶために
登場キャラクター
ともさん

旦那と子供(小4・保育園)の4人家族。
最近旦那の検診結果に「要精密検査」
が増えてきた。
今は元気みたいだけど、何かあったらどうしようと、ちょっと不安な31歳。
人に流されやすい性格で、深く考えるのは苦手。

ねこ吉

あることがきっかけで、生命保険を勉強しはじめる。
保険知識がないばかりにひどい目にあう人が少しでも減るようにと、 使命感に燃える33歳。
ちなみにともさんとは大学からの付き合いで、今では一緒にケーキを食べる仲。

RETURN to TOP