生命保険って何?

p3

あなたのおかげです。

そもそも生命保険って何なの?

tomoe ねえ、生命保険って、

「死んだときにお金をくれる」だけじゃないの?

nekoa そんなイメージあるだろうねえ。

じゃあちょっとだけ歴史的なことを説明しようか。

日本の生命保険は、1867年に超有名な「あの人」が

日本に欧米の保険制度を紹介したのが発端になり、

明治時代に初の保険会社ができたんだ。

tomod 「あの人」?

nekod そう!

日本で知らない人はまずいない!

一万円札の「福沢諭吉」先生です!

tomoe おお!そうなんだ!

nekoa 生命保険は「助け合い」の精神から生まれたものなんだ。

自分が払ったお金が誰かのピンチに使われ、

自分がピンチのときには、誰かのお金を使う、

これが生命保険の基本だよ。

tomod ふーん。

じゃあピンチになったときに入ったほうが得なんじゃ・・・?

nekof さすが、抜け目ないね。

昔は年齢や性別、

その他のリスクによって保険料を分けていなかったから、

ともさんが言うようにピンチになってから入って、

得をする人も中にはいたと思う。

今は統計を元に保険料を算出するからそれはできないよ。

ピンチになったときに入ろうと思っても保険料は高いし、

最悪入れない場合もあるから気をつけてね。

tomoa え、入れないの!?

nekoc そういうこともあるね。

保険に入る前に審査があるんだけど、

落とされちゃうことも結構あるんだよ。

「今は健康だし、入るのはもう少ししてからでいいや」

なーんて思ってると、

どこの保険も入れなくて非常に困ることに・・・・

tomoc ひぃいいいい・・・

nekoc 実際、僕の叔母さんがそうなんだよね。

大きな病気したし、年も年だから断られちゃうんだって。

もっと探せば入れるのもあるんだろうけど、

月々の保険料は高いだろうなあ・・・

tomoa そんなときはどうするの?

nekoa 大切なのは、「残った家族が困らないこと」なんだよね。

叔母さんの場合は子どもも独立してるし、資産もそこそこあるから、

生命保険に入らなくても、ある程度は何とかなると思う。

tomoa そ、それが私だったら・・・?

nekof ・・・。

ともさんのところは子どもが2人、

独立までにまだまだお金がかかるよね。

預貯金がどれくらいあるかは知らないけど、

今の状態で万が一のことがあったら大変だと思うなあ。

tomoa はははは、入らなきゃ!!

nekoa そうだね。

ともさん一家は「万が一のときに助け合う仕組み」である、

生命保険に加入することが望ましいと、僕は思うよ。

では次は、「どうして生命保険に入らなければいけないか」を

もう少し詳しく見ていこうね。

 

—★まとめ★——————————————

  • 保険は困ったときに助け合うためのもの!
  • 残った家族が困らないような保障を!
  • 健康状態によっては入りたくても入れないことも・・・
安心の生命保険を選ぶために
登場キャラクター
ともさん

旦那と子供(小4・保育園)の4人家族。
最近旦那の検診結果に「要精密検査」
が増えてきた。
今は元気みたいだけど、何かあったらどうしようと、ちょっと不安な31歳。
人に流されやすい性格で、深く考えるのは苦手。

ねこ吉

あることがきっかけで、生命保険を勉強しはじめる。
保険知識がないばかりにひどい目にあう人が少しでも減るようにと、 使命感に燃える33歳。
ちなみにともさんとは大学からの付き合いで、今では一緒にケーキを食べる仲。

RETURN to TOP